軍事、歴史イベントをのほほんニワカが紹介するブログ

むらさき照明弾

艦これ

【中部ソロモン海域での戦い】艦これイベントの史実艦等元ネタ紹介

更新日:

こんにちは六郎です。

艦これの次のイベントが公式Twitterから発表されました。

次の艦これイベントは【中部ソロモン海域】とのこと。

 

ソロモンと言えば、ソロモンの悪夢夕立。金剛榛名の飛行場砲撃とかか……(。´・ω・)

よっしゃすぐにレベリングじゃ三└(┐卍^o^)卍

 

またれぇい,;'.・(゚ε゚(O三(-_-;)o

ソロモン海戦ではない、中部ソロモン海域じゃ。

うーんと言うことはどういうことなの(?_?)

と言う訳で今回は第一~第三次ソロモン海戦、ヘンダーソン飛行場砲撃の後に起きたソロモン諸島で起きた戦いをご紹介。






そもそもソロモン海戦って何?

太平洋戦争において日本は真珠湾攻撃によって米主力艦隊に痛打を与え、東南アジアの資源地帯の攻略にも成功。

第二段階として南太平洋に進出、オーストラリアを孤立化させ降伏させる米豪分断作戦を発動。


赤:ブーゲンビル島青:ガダルカナル島

その主戦場となったのがソロモン諸島だった。

 

ソロモン諸島のガダルカナル島と島に建てられた飛行場を巡って第一~第三次ソロモン海戦、ヘンダーソン飛行場砲撃などが1942年8月から12月にかけて勃発した。

 

ガダルカナル島の戦いは第三次ソロモン海戦に敗れた日本が撤退して終結。

そして、

遂に体制を立て直したアメリカの反撃が中部ソロモンにて始まった。

 

日本は消耗した主力艦隊の修理整備と温存のため基地航空隊を中心に防衛を計画。

中部ソロモン諸島の防衛強化の援軍物資の輸送を開始した。

中部ソロモン海域での戦いと史実艦

中部ソロモンでの戦いは、1942年末の第三次ソロモン海戦での敗北によりガダルカナル島から日本が撤退。

追撃するように中部ソロモン諸島へアメリカが進出。

 

ソロモン諸島を死守したい日本と奪還に向かうアメリカとの島々の間での輸送、妨害の戦いが1943年を通して行われた。
(下の戦いは全部1943年の戦い)

 

参加艦艇で赤字は轟沈した艦。

中部ソロモン地図


赤:ブーゲンビル島、青矢印:ダンピール海峡、水色:クラ湾、黄矢印:コロンバンガラ島、
黄緑:ベラ湾、緑:ベララベラ島、黒矢印:セント・ジョージ岬

ビラ・スタンモーア夜戦

3月5,6日コロンバンガラ島へ輸送作戦中の村雨、峯雲(朝潮型8番艦未実装)がクラ湾近海にて、コロンバンガラ島へ砲撃に向かっていた米艦隊と遭遇。

レーダーにより機先を取った米艦隊に大敗し、コロンバンガラ島の飛行場も砲撃を受けた。

参加艦艇
村雨峯雲

ビスマルク海海戦

1943年に入ると連合軍はパプアニューギニア方面に侵攻。日本は防御を固めるべく輸送作戦を実施したんだけど……

3月2,3日ビスマルク海からダンピール海峡で輸送艦隊が大空襲を受け全ての輸送艦、護衛の駆逐艦の半数が撃沈。

あんまりすぎる大敗にダンピールの悲劇ともorz

参加艦船

朝潮荒潮、朝雲、白雪時津風、雪風、敷浪、浦波

ちなみにビスマルク海はドイツのでかい暁ことビスマルクの元ネタ、ビスマルク首相が由来。

クラ湾夜戦

7月5,6日にコロンバンガラ島へ輸送作戦中の日本駆逐艦隊と迎撃にでた米艦隊とで起きた戦い。

参加艦船
新月、涼風、谷風、望月、浜風↑、三日月、天霧、初雪、長月、皐月

 

旗艦だった秋月型5番艦の新月(艦これ未実装)と長月を失ったが、

アメリカ側の軽巡3隻、駆逐艦4隻の内、軽巡1隻を沈めたうえに物資輸送にも成功した。

コロンバンガラ島沖海戦

43年コロンバンガラ島に物資輸送に来た日本軍と連合軍の戦い。

日本軍最強部隊と言わる第二水雷戦隊がその力を発揮し、夜戦において旗艦神通↑は探照灯を照射し攻撃が集中し轟沈するも他の艦艇が連合軍に猛攻を加え大勝した。

 

参加艦船
神通、雪風、浜風、三日月、清波、夕暮。
輸送部隊に皐月、水無月、松風、夕凪。 清波、夕暮、夕凪は艦これ未実装

 

なお、連合軍は軽巡3隻、駆逐艦10隻。内、駆逐艦1隻撃沈。軽巡3隻大破、駆逐艦2隻大破の戦果である。

※輸送部隊は戦闘未参加、数だけなら6対13での大勝……流石二水戦。

ベラ湾夜戦

8月6日にコロンバンガラ島に物資を輸送する日本艦隊をアメリカ軍が待ち伏せした戦い。

レーダーを使い奇襲した米軍の勝利で、得意の筈の夜戦で大敗した日本には衝撃だった。

参加艦艇
萩風江風、時雨↑

第一次ベララベラ海戦

ベララベラ島に上陸した米軍に対して、同島への援軍を乗せた日本輸送部隊と迎撃に出た米艦隊との戦い。

参加艦艇
漣↑、浜風、磯風、時雨

大発等の補助艦艇がいくつか沈んだものの、日米共に4隻の駆逐艦の戦いだったが沈没した駆逐艦は無く、ベララベラ島への増援輸送も成功した。

第二次ベララベラ海戦

日本はコロンバンガラ島、ベララベラ島から撤退することになり、ベララベラ島から撤退する部隊の護衛隊とアメリカ駆逐艦との戦い。

参加艦艇
秋雲、風雲、夕雲、磯風↑、時雨、五月雨、文月、夕凪、松風

 

撤退に成功し、米駆逐艦3隻の内1隻撃沈、2隻大破させ日本が勝利した。

ブーゲンビル島沖海戦

ソロモン諸島の最終防衛線となったブーゲンビル島に米軍が上陸。

温存していた重巡洋艦部隊を動員して日本軍が反撃に出防衛のアメリカ艦隊と夜戦に。

参加艦艇
第一襲撃部隊:妙高↑(終戦時の写真)、羽黒
第一警戒隊:川内、時雨、五月雨、白露
第二警戒隊:阿賀野、長波、初風、若月
輸送隊:天霧、文月、卯月、夕凪、水無月

重巡洋艦を動員した日本だったが……前方にいた川内が攻撃され陣形が崩れ妙高と初風、五月雨と白露が衝突事故を起こし敗北した。

ってかアメリカ側もこの戦いで衝突事故起こしてる……

セント・ジョージ岬沖海戦

ブーゲンビル島北部のブカ島へ輸送作戦中の日本駆逐艦隊と米駆逐艦隊の戦い。

参加艦艇
天霧↑、夕霧、卯月、大波巻波

夕霧は吹雪型14番艦、大波、巻波は夕雲型の7番艦と5番艦で艦これ未実装艦。

 

米駆逐艦隊に損害は無く三隻の駆逐艦を失った日本が大敗した。

 

 

1943年ソロモン諸島での戦いは大型艦の動員こそ少なかったが、艦隊を組むに必須の駆逐艦を輸送作戦で大量に消耗した。

5月8日に親潮、陽炎、黒潮が機雷との接触で失われたりもしてるしorz

 

工業力に劣る日本は二度とアメリカとの差を埋めることができなかった。

 

つうかフレッチャー級駆逐艦175姉妹とか、カサブランカ級護衛空母50姉妹19番艦ガンビアベイとか(○ω○;)

【ガンビアベイ】艦これ歴史紹介。18年冬イベE4報酬の護衛空母

アメリカの工業力バランスブレイカー過ぎやないっすかねぇ(´;ω;`)ウッ…

中部ソロモン海域史実艦まとめ

艦これに実装されている艦のみ書くよ。
(*^∀゚)ъ

 

ビラ・スタンモーア夜戦:村雨

 

ビスマルク海峡海戦:朝潮、荒潮、朝雲、白雪、時津風、雪風、敷浪、浦波

 

クラ湾夜戦:涼風、谷風、望月、三日月、浜風、天霧、初雪、長月、皐月

 

コロンバンガラ島沖海戦:神通、雪風、浜風、三日月(輸送部隊は戦闘には未参加)

 

ベラ湾夜戦:萩風、嵐、江風、時雨

 

第一次ベララベラ海戦:漣、浜風、磯風、時雨

 

第二次ベララベラ海戦:秋雲、風雲、夕雲、磯風、時雨、五月雨、文月、松風

 

ブーゲンビル島沖海戦:妙高、羽黒、川内、時雨、五月雨、白露、阿賀野、長波、初風、天霧、文月、卯月、水無月

 

セント・ジョージ岬沖海戦:天霧、卯月

中部ソロモンの戦いの後の太平洋戦争

ソロモン諸島で日本が失ったのは駆逐艦だけでなく、航空機もであった。

基地航空隊はもちろん空母艦載機まで動員して制空権の確保を求めたが、戦場までの長距離飛行、米軍の対空装備の向上により機体、熟練パイロットを消耗してしまった。

対してアメリカは新型エセックス級大型正規空母(↑イントレピッド先生は5番艦)が次々に完成し日本と反比例するように戦力は充実し、44年にマリアナ沖海戦そしてレイテ沖海戦に至る。

まとめ

中部ソロモンだけだとほぼ駆逐艦になっちゃうから、第一~第三次ソロモン、ヘンダーソン飛行場砲撃とかのガダルカナル島を巡る戦いも入って来るのかなぁ。

空母は艦載機しか出てきてないし(-_-;) ガダルカナル島周辺の戦いは↓

【ソロモン海戦】中部ソロモンの前、ガダルカナル島を巡る日米の死闘

E1のボスはわるさめちゃんか駆逐古姫とかかね?

駆逐艦の輸送作戦が多いけど、陸は飛行場の取り合いだから飛行場姫とか出てきそう。三式弾とか陸上特効ある装備用意しとこう。

今回はここまで、

ご閲覧ありがとうござます。

-艦これ
-,

Copyright© むらさき照明弾 , 2018 All Rights Reserved.