ドイツ 珍兵器

傑作機?珍兵器?巨大輸送機【ギガント】

更新日:

↑「Me323ギガント」「風の谷のナウシカ」に出てきたでっかい飛行機の元ネタ。

ドイツの科学は世界一ィィィィー!

ドイツの戦場はユーラシアの大地だけではありません。北アフリカや構想だけでしたがイギリス上陸も考えていました。海軍でイギリスに後れを取ったドイツは海の向こうへ物資を運ぶために船ではなく巨大に飛行機を開発します。

今回は当時の常識をブチ破った巨大飛行機「Me321」,「Me323」ギガント、曳航機「He111Z」ツヴィリングをご紹介。

デカい輸送機を造れ!

1940年頃

ドイツ軍:イギリス攻めるとなると、兵器イッパイ運ばなアカンな彡(゚)(゚)

運ぶのがお仕事の輸送機やから安上がりのグライダーでオナシャス彡(^)(^)

 

メッサーシュミット社:出来たよ(`・ω・´)

「Me321」ギガント

凄く…大きいです。

コイツがどんだけデカいか

↓当時のドイツ主力輸送機Ju52、

↓散々日本に爆弾ポイしたアメリカのB29

比べてみると…

機体名 全長 全幅 全高
Ju52 18.9 29.2 5.55
B29 30.2 43.1 8.5
Me321ギガント 28.15 55 10.15

単位は全てメートル

更にJu52が18名の兵士を輸送するのに対して、ギガントは130名。

総積載量B29が9tギガントは15t(20tとも、25tのⅣ号戦車が輸送できたとの資料も)

マジでデカい。

そらギガント(巨人)って名前になるわ

※上の2枚はエンジンの付いたMe323

※忘れていると思いますが1941年の兵器です。

珍兵器He111Zツヴィリング

しかし、トーゼンの問題が…

グライダーだから引っ張る飛行機がいるんだけど、コイツ引っ張れるのなんてないぞ…

とりあいず3台で引っ張るか

(´・ω・)(・ω・`)

いや、コレ危ない。労基来ちゃう。

 

ちゃんとした曳航機作らないと不味いね(´・ω・`)

 

よし、できた。

ちゃんとしてなーい

( ゜Д゜;)!?

やっつけ感満載のコイツ「He111Zツヴィリング」見た目通り2機の「He111」爆撃機をくっつけて、真ん中にエンジン1基足したTHE珍兵器。

とんでもない輸送能力のギガントを運用する為に、とんでもない見た目のツヴィリングを運用することに。

さて、現場の様子は…

・どけどけどけー。俺はグライダーなんだエンジンがないんだ。着陸待ってらんねーんだ。道開けろーヘ(`Д´)ノ

・ちょ、エンジン無いから着陸したら今度は牽引車が無いと身動きできないじゃないですかやだー

・そもそもお前等飛ばせる程でかい飛行場いちいち前線に造ってられるか(`皿´ )

 

結局…

もう、エンジン付けてギガント直接飛ばした方がいいんじゃない?(´・ω・`)

ツヴィリング:え、俺は? (`0Д0´)

空を舞う巨人

↑「Me323」ギガント

初めからこうしてればよかったんじゃ…

エンジンを6基も積んだけど、速度は低速。空気抵抗受けまくる見た目だしね。

デカ過ぎるから敵からは動く的。でも骨組みに布張った超軽装甲がさいわいし、銃弾撃ち尽くすまで攻撃されても穴が開いただけで飛んでることも。

まとめ

戦闘能力は戦時下に使うのはうえぇ(°m°;)ってなっちゃうけど、輸送機としてみれば、革新的傑作機。機首がかぱーって開くのは現代の輸送機にも受け継がれてるしね。

↑アメリカC-5輸送機(通称ギャラクシー)

ギガントは戦況悪化で護衛機のない中、イタリアから北アフリカへ物資を運び続けた影の功労者。

その巨体は今、ボク等の心にロマンを運び続けているね!

 

あっ、ギガントのことブサイクって思ってるだろ(`Д´#)ノ

言っとくけど、コンペ相手の方がトンデモ兵器だゼ(;´・ω・`)

 

↑「Ju322」通称マムート(マンモス)コイツはコイツでロマンあるよね(☆∀☆)

 

今回はここまで、ご閲覧ありがとうございました。

-ドイツ, 珍兵器
-,

Copyright© むらさき照明弾 , 2017 AllRights Reserved.