アニメ ドイツ

アニメ少女終末旅行の乗り物【ケッテンクラート】バイク?車?戦車?

更新日:

 

引用:アニメ公式ページ

2017年秋より放送が始まったアニメ「少女終末旅行」

終末世界でふたりぼっちになってしまったチトとユーリは、愛車のケッテンクラートに乗って延々と広がる廃墟をあてもなくさまよう。日々の食事さえも事欠く、明日の見えない毎日。だけどそんな「日常」も、ふたり一緒だと、どこか楽しげだったりもして……。

引用:漫画公式ページ

廃墟で少女が旅行という独特過ぎる世界観。

力の入れようの違いすぎる人と兵器の作画。

儚い風景に神々しいBGM。

異端とも言える変わった作風のアニメ。中でも一番の特徴は…

引用:YouTube

ケッテンクラートってなんやねん?
( ○ω○)?

二人の愛車【ケッテンクラート】っていう謎の乗り物。

えっ?これバイク?戦車?なんなの?

今回は日本人の我々にはほとんど目にすることのないケッテンクラートをご紹介。





戦車と車がフュージョン!?

そもそもなんでタイヤとキャタピラ両方付けたの?

※キャタピラはアメリカの会社の商品名で日本語だと「履帯(りたい)」が正式名なんだけど通りがいいから当記事ではキャタピラで記載するよ。

タイヤとキャタピラいいとこ取り・ハーフトラック

言うまでもないけどタイヤとキャタピラだと、

いいとろこ わるいところ
タイヤ スピードが出せる 足場が悪いと動けない
キャタピラ どんな足場でも走れる 足が遅い

お互い一長一短が真逆だね(^ω^)

だったら……タイヤもキャタピラも両方使えばいいんでね?(`・∀・´)

タイヤとキャタピラを…

フュージョン!!

 

は~ふとらっく!!

こうしてタイヤとキャタピラ両方使用する車両「ハーフトラック」が誕生した。

ちなみに上の写真はドイツ軍のだけど、ハーフトラックはフランスの発明。

あとハーフトラックは"halftack"で、トラックは貨物自動車の"truck"じゃなくてキャタピラの意味の"track"だよ。

 

ハーフトラックはタイヤとキャタピラに比べ、

・接地面積が少ないので、全部キャタピラよりは速度がでる。
・後輪がキャタピラなので悪路も走れる。
・車と同じように操縦できる。

すっげーホントにいいとこ取り出来てるじゃん。ォオ~!!(゚Д゚ノ)ノ

 

ただ現在は、機械技術が発達して悪路を走れる車、スピードのでる戦車が出てきて姿を減らすことになったよ

誕生ケッテンクラート

ケッテンクラートはハーフトラックの一種で誕生は1940年頃のドイツ。

当時は第二次世界大戦の渦中、ケッテンクラートはグライダーに乗せて運ぶ、空挺(パラシュート)部隊向けの牽引車両しとして開発された。

ケッテンクラートの名前はだいたいキャタピラオートバイって意味だよ。

 

ケッテンクラートは、重量:1,250kg 最高速度:70km/h

そして、ハンドルに合わせて左右のキャタピラの速度が変わる設計。

さすが、ドイツ!

小さな車体にそんな無茶なスペックを平然と組み込んでみせる

そこにシビれる!あこがれるゥ!

あっちでもこっちでもこき使われてたよ

空挺部隊向けに作ったケッテンクラート。

しかし、戦争が進むと当初の軽量な牽引車両とは別の需要が発生。

ドイツ軍は泥濘地帯や雪原、砂漠に大苦戦。

普通のタイヤでは身動きが取れず使い物にならなかったのである。

その点ケッケンクラートは後輪がキャタピラの為、ぬかるみに足を取られることも少なく、凸凹道も走れる。

ぶっちゃけ前輪無くても走れる。

↑ケッテンクラート結構早い

少女終末旅行でも階段とか急な坂登ってたよね(*^∀゚)ъ

当初は空挺部隊向けだったケッケンクラートはなんと8,000台以上も生産されることに。

ケッテンクラートの戦後

ドイツ軍を陰ながら支えたケッテンクラート。

戦後になっても農業用トラクターとして500台以上生産された。

 

ちなみに、もう察したかもしれないが…

ガルパン仕様有るで!

 

主役になることは無くても縁の下の力持ちとして、格納庫から飛行機引っ張り出したり、大砲なり物資運んだり目立たないけど重要な仕事をしていたケッケンクラート。

見た目ロマン感じるし、もっと知名度あってもいい兵器。

実は漫画とか映画の隅っこに気づいていないだけで時々登場していたりするから、これからもっと出演するようになるとイイね!

 

ケッケンクラートもそうだけど、

「少女終末旅行」私、原作読んでないから、これからどうなるのかすっごい楽しみ

(〃´∀`〃)

のほほん行くのか、シリアス行くのかどうなるんだろ(●´ω`●)

 

今回はここまで

ご閲覧ありがとうございました。

-アニメ, ドイツ
-,

Copyright© むらさき照明弾 , 2017 AllRights Reserved.