北朝鮮

北朝鮮・ミサイル以外の兵器。軍隊の中心【戦車】その実力、性能は?

投稿日:

↑独ソ戦で救国の英雄的活躍をした戦車「T-34」

独ソ戦?第二次世界大戦の話だよ。

北朝鮮のパレードに参加してたり、沿岸防衛?してたり…まだ現役?

Jアラートでミサイルの脅威を見せつけた北朝鮮。
でも、ミサイルはニュースでよく見るけど、他の兵器って何もってるの?
今回は北朝鮮がどんな戦車を持ってるのかをご説明。




T-54/T-55 ソ連の代表的傑作戦車

お椀型の砲塔が特徴のソ連製戦車。(T-54の改良型がT-55)
アメリカ、イギリス戦車が90mm砲を積んでいるのに対し強力な100mm砲を搭載しており、お椀型砲塔は避弾経始に優れており、機動性も良好。アメリカ軍にも衝撃を与えた傑作戦車である。
…出来た当時は。
T-54・量産型完成1947年。70年前の戦車じゃないですか…。T-54とT-55は10万台以上生産されたと言われ世界中に輸出され、今もなお引退が許されず世界の紛争地域でこき使われている。

T-62 世界初の滑腔砲搭載戦車

T-54に対抗して西側諸国が新型戦車を開発したのでT-55の車体を発展させ滑腔砲を搭載した戦車。

滑腔砲(かっこうほう)って何?

左:滑腔砲、右:ライフル砲

ライフル砲は砲身にライフリング(溝)が彫ってあり弾を回転させることで砲弾をまっすぐ飛ばすことができる。
現在は砲弾自体の技術発達もあり大口径の砲を作りやすく、砲身の寿命も長い滑腔砲を搭載している戦車が多い。

T-62はT-54から引き続きお椀型の砲塔であり、車高が低く見つかりにくく被弾面積の小さい攻撃を当てずらい戦車である。
世界初の滑腔砲搭載戦車として西側諸国に衝撃を与えた戦車である。
…出来た当時は。
T-62・公式公開1965年。50年前の戦車じゃないですか…。
北朝鮮国内で生産されており、北朝鮮の天馬号はこのT-62を改修したものではと言われている。

その他の戦車

PT-76


ソ連製の水陸両用車。1951年から量産されているが大きく信頼性の高い車体、水陸両用なので兵員輸送車、自走砲など多くの改良型がある。中国が改装したり自国で改造したタイプも有ると思われる。

暴風号:情報が少ないがT-62を独自改修した物と思われる。

70・50年前の戦車とか言ってますが、例えばT-62は初めて公式の場に現れたのが1965年であって、それから作られ続けているので、同じ車両がずっと動き続けている訳ではありません。

まとめ

今回紹介したの以外にも別の戦車持っていると思いまずが、上記のものが多いと思われます。
こう見ると全部ソ連の旧式ですね。核とミサイルにお金を掛け過ぎているのが響いているのでは…
攻め込むどころかアメリカ軍、韓国軍から自国を守るのも難しいのでは?

↑アメリカ軍の主力戦車「エイブラムス」

それに北朝鮮も訓練はしても朝鮮戦争以降実戦は経験してないので、紛争地域で戦闘経験のあるアメリカ軍の部隊と渡り合うことができるのでしょうか…。
さらにソ連から買った兵器もソ連が自分で使うものよりあえて能力を下げたモンキーモデルと言われるものです。

例えミサイルや核兵器があっても自国を守る戦車がアメリカ軍のものと差があまりにも広いので、戦車を見ても北朝鮮から戦争を仕掛けることは無いと思います。

今回はここまで、
ご閲覧ありがとうございました。

-北朝鮮
-,

Copyright© むらさき照明弾 , 2017 AllRights Reserved.