北朝鮮

9月15日北朝鮮ミサイル発射。なぜ?今回の目的は?怖い時代に…

投稿日:

北朝鮮が9月15日午前6時57分ごろミサイルを発射しました。

発射場所は8月29日のJアラートの時と同じ順安(スナン)のようです。





9月15日のミサイルの流れ

午前6時57分 北朝鮮の順安(スナン)からミサイル1発を発射。

7時1分 Jアラート発信

7時4分~6分北海道上空を通過。

7時16分ごろ襟裳岬(えりもみさき)東約2,200kmの太平洋上に落下。

最高高度は約800km
飛行距離は過去最長の3,700km

小野寺防衛相は8月29日に発射したものと同様の「火星12」ミサイルの可能性があると指摘している。

8月29日のJアラートの時と同じ飛行ルート
今回のミサイルの飛行ルートも8月29日のJアラートが鳴った時と同じルートを通ったが、これは南に撃つとグアムに近すぎてアメリカを必要以上に刺激してしまう。

 

↑矢印の下の方にグアム

 

地図を見てもらうと分かるが北朝鮮が数千距離も射程のあるミサイルを発射るすると必ず

ロシア、中国、日本を通ることになる。

友好的なロシア、中国に迷惑をかけることはできないので、自然と日本の方向にしか発射するしかない。

残念ながら地理的問題でこれからも北朝鮮がミサイルを発射するたびにJアラートが鳴り響くことになってしまうだろう。

北朝鮮の目的

今回のミサイルの目的は

「いつでもグアムを攻撃できるぞ!」

とアメリカに怒鳴りつけたのです。

北朝鮮から米領グアムまで約3,400km。
今回のミサイルの飛行距離約3,700km。

8月29日のミサイルが飛行距離2,700kmですから1,000kmも長く飛ばした事になります。

↑ハリケーン「イルマ」分類上最大のカテゴリー5に達した。

今アメリカは超巨大ハリケーン、イルマにより甚大な被害を出しています。
その中で発射したのは、トランプ政権がハリケーンの中で新たな緊急事態に対して対応できるか?「真の脅威はこっちだぞ」とメッセージを送ったことになります。

韓国の動き・報復のミサイル演習

韓国は北朝鮮のミサイル発射に対抗して、日本海側に玄武2型ミサイルを発射した。

玄武2型ミサイル
韓国が開発した北朝鮮への攻撃を主目的とした弾道ミサイル(大気圏内外まで上昇するミサイル)

巡航ミサイル(水平飛行する私たちのイメージするミサイル)の玄武3型と合わせて韓国は2,000基を配備する予定で、配備されれば北朝鮮のミサイル、長距離砲の70%を1日で除去できるようになると言われている。

まとめ

今回のミサイルは特に日本を目的とはしていないと思われます。アメリカに対して「こっちを向け」とメッセージを送るのが目的です。

ただ今回は韓国が報復のミサイル演習を行いました。想像以上に危険な時代を迎えているようです。

⇒9月3日の核実験。電磁パルス攻撃とは?

⇒Jアラート。その仕組みとは?

⇒8月29日のミサイル。なぜ撃ち落とさないの?

⇒8月29日のミサイル。用語説明。火星12号も

⇒問題のミサイルICBMとは?

自然災害に備える為にも、近くの避難所の位置や非常用品を備えてはどうでしょうか?

-北朝鮮
-,

Copyright© むらさき照明弾 , 2017 AllRights Reserved.