ミサイル関連 北朝鮮

北朝鮮ミサイル問題・そもそもミサイルとは?どうやって誘導してる?

更新日:

↑TVとかで聞くトマホークミサイル。ミサイルとロケットと何が違うんだろ?

こんにちは六郎です。
最近ようやく静かになったとはいえ、いつもニュースで言ってる北朝鮮ミサイル問題。

でも、そもそもミサイルって何?ロケットとは何が違うの(´・ω・`)?

ゲームとかで敵勝手に追っかけてくれるからバンバン撃ってるけど、ニュースにでる大きいのって1発でそんなにヤバいの?

と言う訳で、今回は現実のミサイルの解説です。





ロケットとミサイルの違い

ロケットとは?スペースシャトルもロケットの一種

ロケット(英: rocket)は、自らの質量の一部を後方に射出し、その反作用で進む力(推力)を得る装置(ロケットエンジン)、もしくはその推力を利用して移動する装置である。外気から酸化剤を取り込む物(ジェットエンジン)は除く。
引用:wiki

つまり、ロケットとは後方に噴射を行いその力で進む装置のことで本体の中に燃料を燃やすための酸素(酸化剤)を積んでる。

外から空気を取り込むのがジェットエンジン。
だから空気ない宇宙に行くのにロケットを使うよ。
酸化剤積まなくていい分、燃費いいから空気が有る大気圏内ではジェット使うことが多いよ。

ミサイル・方向変えられる飛行物体

↑対空用のパトリオットミサイル。

自衛隊のPAC3は弾道ミサイル迎撃用に改造したパトリオットミサイル。

広くミサイル(英: missile)として知られる、誘導ミサイルあるいは誘導弾(ゆうどうだん、英: guided missile)は、目標に向かって誘導を受けるか自律誘導によって自ら進路を変えながら、自らの推進装置によって飛翔していく軍事兵器のことである。

引用:wiki

つまりミサイルとは向きを変えて飛ぶ兵器の事。
だからミサイルの推進装置としてロケットを使うタイプも、ジェットエンジンを使うミサイルも有るよ。

北朝鮮問題でミサイルがニュースになる理由

北朝鮮問題でミサイルが取り上げられているのは、ミサイル自体もありますが、ミサイルに核兵器が搭載される恐れがあると言うこと。
上の項目に有るようミサイル自体は方向変えられる飛翔体のこと。

爆発はミサイルの役目ではなく、積んでる爆発物の仕事です。

北朝鮮が造っているミサイルは核兵器を搭載する能力があるかもしれないのでニュースになっているのです。

核爆弾を複数搭載するミサイルも。↑アメリカが使用するICBMミニットマンの弾頭部

今の北朝鮮のミサイルは実験段階ですから爆弾は積んでいません。

ミサイル落ちてきても爆発せず、墜落被害だけだと思われます。

まぁ自衛隊の皆さんの迎撃能力はハイレベルなので、撃ち落とせると思…信じています。

【多弾頭ミサイル】北朝鮮ミサイル、核実験の目的。迎撃対策した悪魔

ミサイルはどうやって誘導してるの?

ミサイルと言えば目標に当たるまで追っかけてくるイメージありますね。

じゃあミサイルはどうやって目標を見つけてるの(´・ω・`)?

という訳で、ミサイルの代表的な誘導方式を3種ご解説。

熱を探知・だからミサイルってエンジンに当たるのね

飛行機にミサイルなどは高温の炎を吐いて飛んでいるのものが多いので、熱を探知して高温部目掛けて飛んでいく方式。

↑ミサイルの追尾を妨害するデコイ(囮)「フレア」の放出の様子。

映画とかで↑の映像みたいなシーン見たことありませんか?

投下しているフレアは高温を発し追尾するミサイルの赤外線センサを妨害し、地上に落ちる前に燃え尽きる。

その見た目から「エンジェルフレア」と呼ばれることも。

衛星からの誘導・GPSって軍事目的だったの!?

人工衛星を使い自身の位置を確認し目的へ向かう方式。

GPSも元はアメリカが軍事目的で、ミサイルだけでなく飛行機、兵士などの位置確認などの為に創ったシステム。

つまり、アメリカと対立するとGPSが使えなくなる。

なのでロシアとか中国とかはもしもに備えてしまっていて、自前の人工衛星打ち上げてる。

慣性航法・ICBMに使われる方式

速度と方角を計測し位置を調整しながら、目標まで飛んでいく方式。

ミサイル自体が何も探知、受信しないので妨害を受けることがない。

 

しかし、誤差が大きいと言う弱点がある。

でも…

誤差あってもいいように核兵器などの超威力の爆弾を搭載したミサイルに使われる。

北朝鮮で話題のミサイル【ICBM】宇宙から飛来するチート兵器!?

まとめ

ロケットとミサイルの違いはロケットは装置のことで、ミサイルは兵器のこと。

ロケットは移動するための道具。ミサイルは方向変えながら飛ぶ武器。威力はどんな爆発物を積むかしだい。

先にも書きましたが、北朝鮮も実験段階じゃ爆弾は積みません。

それでも日本に落下しそうな場合は自衛隊の皆さんが何とかしてくれるはずです。

それでもJアラートが鳴った際は万が一に備えて、できれば地下室。なければ窓などのガラスから離れた位置で、TVで状況を確認し行政の指示に従いましょう。

【Jアラート】北朝鮮ミサイル発射で鳴り響いた警報。その仕組みとは?

今回はここまで、

ご閲覧ありがとうございました。

-ミサイル関連, 北朝鮮
-,

Copyright© むらさき照明弾 , 2017 AllRights Reserved.