戦い 艦これ

【シブヤン海戦・パラワン水道】壮絶なる武蔵・最初から死闘のレイテ

更新日:

レイテへ向かう日本主力艦隊。

長門、武蔵、大和からなる砲撃戦においては当時最強レベルの艦隊である。砲撃戦ならね…

 

艦これ17年秋冬イベントになってしまったレイテ沖海戦。

 

今回はレイテ沖海戦のうち10月23日の戦闘初日にしょっぱな起きた衝撃【パラワン水道の悲劇】と24日の【シブヤン海戦】をご紹介。

っていきなり悲劇って…(-.-;)

 

戦闘初日と二日目の戦いだから秋イベになるのかな?





レイテ沖海戦とは?

史上最大の海戦と言われるレイテ沖海戦は、1944年10月23日から25日にかけて行われたフィリピン周辺での複数の戦いの総称であり、二つのイベントに分割されてナットクの大海戦。

 

↓作戦の全体、やる前から乱立するフラグ

艦これ17年秋冬イベの元ネタ?【レイテ沖海戦】驚愕の参加艦艇と海域

今回のパラワン水道の悲劇、シブヤン海戦はレイテ湾に向かう途中に起きた戦い。

もう悲劇って言ってるし、轟沈艦でるから注意ね。

シブヤン海戦・参加艦艇と作戦地図

シブヤン海戦に参加した艦隊の名称は第一遊撃部隊だが指揮官の
栗田健男(くりた たけお)中将の名前から以後栗田艦隊と表記します。

第一遊撃部隊は栗田提督直属の第一部隊と鈴木義尾(すずき よしお)中将の第二部隊からなります。

第一遊撃部隊・第一部隊

戦艦・大和、武蔵、長門
重巡洋艦・愛宕、高雄、鳥海、摩耶、妙高、羽黒
軽巡洋艦・能代
駆逐艦・島風、早霜、秋霜、岸波、沖波、朝霜、長波、藤波、浜波

第一遊撃部隊・第二部隊

戦艦・金剛、榛名
重巡洋艦・熊野、鈴谷、利根、筑摩
軽巡洋艦・矢矧
駆逐艦・浦風、磯風、雪風、浜風、清霜、野分

※岸波、秋霜、浜波は未実装。

↑シブヤン海戦関連地図

黒:栗田艦隊の針路 茶:パラワン水道 赤:シブヤン海

パラワン水道の悲劇・しょっぱなから惨劇

栗田艦隊はレイテ湾に東側から回り込むルートになり、他の艦隊とレイテ湾に同時攻撃をかけるには時間がギリギリだった。
その為、危険と予想されるパラワン水道を通るというフラグを立てていた。

そして案の定…
10月23日早朝、米潜水艦の雷撃により愛宕轟沈。
ファッ( ゜Д゜;)!?
なお、愛宕はこの強力無比の第一遊撃部隊の指揮官、栗田提督が座する旗艦であった。


↑史実の愛宕さん。主砲は前方3基、後方2基の5基10門。

さらに続けざまに高雄も魚雷が命中、行動不能に陥る。
そして摩耶も雷撃を受け轟沈。

愛宕の被雷から高雄の被雷、愛宕、摩耶の轟沈まで25分の出来事だった。
( ○Д○)…出だし最悪すぎだろ!!

栗田艦隊の旗艦は大和に移り、高雄は応急修理の後ブルネイに撤退した。

シブヤン海戦・覚めない悪夢

悪夢以外何物でもない幕開けとなった栗田艦隊。だが一晩経っても悪夢は終わっていなかった。

本来は別行動をしている空母を擁する小沢艦隊を攻撃する筈の敵機動部隊に、小沢艦隊より先に見つかってしまったのだ。

24日午前10時半前シブヤン海にて10隻を超える空母からなる米海軍機動部隊の襲撃を受けるΣ(゚ロ、゚;)
栗田艦隊には空母は無く、一方的な空襲を受けることになる。

↑回避運動を取る栗田艦隊。中央の黒煙は武蔵、左側の周りより大きい船が大和

 

栗田艦隊は対空砲火にて応戦するが、5時間に渡る攻撃で多数の艦が損傷し妙高が大破、

対空輪形陣の外側にいた武蔵は集中攻撃を受け戦いが終わった後に轟沈した。

 

ただ、十数隻の空母からの攻撃に武蔵は驚愕の耐久を見せた。

シブヤン海戦・不屈の武蔵

武蔵がシブヤン海戦で受けた被害は魚雷20本爆弾17発で航空機からの攻撃としては史上最大量の攻撃を受けた。(oДo;)

この損害も諸説あり、爆弾44発、ロケット弾9発、魚雷25発としているものもあるΣ(゚ロ、゚;)

攻撃が船体各所にばらけた事、攻撃の間隔が空きその間に応急処置ができたとはいえトンデモナイ被害である。

↑魚雷を受けた武蔵。水柱から爆発の威力がうかがえる。

これ20発位耐えたんだぜ…(οдО;)

 

ちなみに武蔵艦長の猪口少将は武蔵と運命を共にしたが、

遺書に「武蔵が被害担当になっちゃったけど、その分他の船に被害が少なくてよかった」としたためている。

確かに栗田艦隊は十数隻の米空母から攻撃を5時間も受けたが被害は大破1、沈没1隻。(小破は何隻か出てる)

武蔵の奮闘あっての事である。

武蔵は5時間の攻撃を受けた後4時間後に沈んだ。↑艦首は水没しているがこの状態で2~3時間後耐えた模様。

シブヤン海戦の結末とルート固定要員になりそうな艦娘

シブヤン海戦の結末

15:30栗田提督は空襲を避ける為、一時転進を決断する。

米機動部隊は栗田艦隊は撤退に移ったと思い、北に現れた日本海軍機動部隊へ舵を切りシブヤン海戦は幕を下ろした。

 

レイテ湾を目指す栗田艦隊はパラワン水道、シブヤン海戦で早々に旗艦と主力を失う大損害を出してしまった。

ルート固定要員になりそうな艦娘

※あくまで「なりそうな」で予測だからね。過度に期待しないね。

パラワン水道

高雄、愛宕、摩耶

活躍ではないが(-.-;)3隻の内何隻かでルート固定になるかも、レイテ沖海戦では始めの戦いだから第一海域でボスが潜水艦とかあるかも。

対潜部隊育ってる(´・ω・`)?

シブヤン海戦

武蔵、妙高、清霜、島風、浜風

武蔵はモチロン清霜、島風、浜風は損傷した武蔵の護衛を行った。

利根も武蔵の護衛に付いたけど25日のサマール沖海戦で活躍してるからソッチかな?

↑攻撃を受ける武蔵(中央)と清霜(奥)

まとめ

史上最大の海戦。負けられない戦い。の筈がこの出だし…。

一時後退を撤退と米機動部隊が誤解したので戦いは終わったが、この戦いで栗田艦隊は予定を遅れてしまった。

この遅れで他の艦隊との足並みが乱れ更なる悲劇の幕が上がってしまう。

【スリガオ海峡夜戦】西村艦隊、最も凄惨な海戦へ。悲劇が続くレイテ

今回はここまで、

ご閲覧ありがとうございました。

-戦い, 艦これ
-, , ,

Copyright© むらさき照明弾 , 2017 AllRights Reserved.