イギリス

【戦車の進化】イギリス・前編

更新日:

世界で最初に戦車を使用した国は…

\(ブリテン)/ \(イギリス)/ \(大英帝国)/

↑世界初の戦車。マークⅠ

なんですが…

イギリス戦車?…何がいるの?(´・ω・`)

世界で初めての戦車を造っておきながら、第二次世界大戦どうした?

と言う訳で、「イギリス戦車の第二次世界大戦」はじまりはじまり~

戦車の誕生

第二次世界大戦の前に、戦車が如何なる理由の元誕生したのかをご紹介。

第一次世界大戦。この大戦は以前の戦いとは文字通り桁違いの損害を出す戦争でした。

塹壕にコンクリート、有刺鉄線に堅められ、機関銃、重砲を備える陣地。

これらに対して攻撃側の戦法は「突撃」

( ゜Д゜;)!?

1km進むのに1万人もの死傷者を出す地獄の消耗戦。

防御が攻撃より極端に優勢な時代。

それが第一次世界大戦の戦場。

 

「機関銃をものともせず、塹壕を乗り越える方法を考えろ」

m9(;;゜д゜)

こうして誕生したのが戦車です。

※第一次世界大戦時の戦車はまた別の回で紹介できればなと思います。

第二次世界大戦に向けて

第一次世界大戦で誕生した戦車。しかし、まだ誰も「何が正しい」「どう使えばいい」なんてわからない未知の兵器でした。

 

偵察用の「軽」戦車。主力の「中」戦車。陣地突破用の「重」戦車の3車種を用意する国が多い中、

イギリスは…

・歩兵と一緒に行動する動く要塞「歩兵戦車」

・高機動の機械の騎兵「巡行戦車」の2本立。

歩兵戦車に歩兵、砲兵で敵陣地を強襲。敵が崩れたところを巡行戦車が突破、追撃。

と言う運用を予定していました。

↑マチルダⅡ 「どんな火器からの攻撃(1939年頃の)にも耐える防御力」をコンセプトとした鈍足重装甲の代表的な歩兵戦車。

↑クルセイダー巡航戦車。 最大速度43km/h。リミッター解除すれば60km/hまで速度が上げられる。元から多い故障率も上がるけどね。

 

さて、大戦がはじまり上記の戦車達の実戦での様子は如何でしょうか…

 

ファッ!歩兵戦車とろスギィ。

全然敵についていけん彡(。)(;)

歩兵の支援が目的なので、高火力、重装甲は重視されてましたが、歩兵をおいていかない速度しかだすことができない設計でした。ドイツのⅢ号戦車40km/h対してマチルダⅡ最高速度24.1km/hである)

 

巡行戦車脆スギなんだ戦場でのオワタ式やめるんだ

/(*^○^*)\

装甲?当たらなければどうということない!

なお、主戦場は平らなヨーロッパの平原。障害物のないアフリカの砂漠の模様。

イギリスの失敗

何故こんなにもドイツと差が出てしまったのでしょうか?

彡(゚)(゚):ドイツの戦車が強かったからやろ

ブー。運用論のドイツ編で言ってますが、巡行戦車はともかく、マチルダなど歩兵戦車の重装甲はドイツ戦車にとって脅威で、タイマンでは英仏戦車の方が有利でした。

 

(*^○^*):ドイツがいっぱい戦車もってたからなんだ。

ブッブー。フランス戦の戦車保有数は

連合:ドイツ=3:2で連合国のほうが多く持ってました。

 

では何が原因かと言うと、

戦車に対する考え方が違っていたのです。

「戦場の主役は歩兵であり、その他の兵器は全て歩兵を支援するために存在する」

「戦車は有効ではあるが故障が多く高価な道楽兵器」

これが英仏などの連合国の考えでした。

 

しかし、連合国では扱いづらいと言われる戦車も、使われた側のドイツには脅威の存在でした。敗戦による軍備縮小もありドイツでは国家の威信を賭けた秘密兵器の扱い。力の入れようがまるで違うのです。

 

グデーリアン:連合国は二次大戦へ向けて戦車の強化はした。だが俺たちドイツは戦車の使い方を考えその考えに適した戦車を造った( ー`дー´)。やみくもに強化しても使い方がわからなくちゃ話にならんよな。俺は【戦車運用論】ドイツ編にでてるからソッチもよろしくな(・`ω・)

 

散々イギリス戦車ディスってますが、英国戦車に罪はありません。運用をミスった軍上層部が悪いのであって彼等も被害者なのです。

マチルダはドイツ戦車の砲撃では破壊できず、88mm高射砲(アハトアハト)、航空機の爆撃でようやく撃破する怪物でした。

クルセイダーもアメリカが参戦するまで戦線を支え切った戦車なのです。

(クルセイダー=十字軍って名前カッコいいし)

 

さて、苦境のイギリス戦車、大戦の果てに栄光をつかめるのか?

後編へ続く

今回はここまで、ご閲覧ありがとうございました

-イギリス
-, ,

Copyright© むらさき照明弾 , 2017 AllRights Reserved.