軍事、歴史イベントをのほほんニワカが紹介するブログ

むらさき照明弾

元ネタ紹介 艦これ

【島風】艦これ史実紹介。一人ぼっちの理由、実は壮絶だった最後!?

投稿日:

こんにちは六郎です。

今回の艦これ史実紹介は駆逐艦。

艦これで一番の知名度を持ってるかもであろうこの娘。

駆逐艦【島風】をご解説!

 

回避に雷撃、駆逐艦の中で最強クラスの性能に、

いろいろすんごいファッション、謎の生命体『連装砲ちゃん』と艦これの中でもぶっ飛んだデザインの彼女、

彼女が艦これの新参ホイホ……マスコット役に抜擢されたのも高ステータスも史実にその理由在り。

 

日本の最新技術とプライドを込めて造った超火力高速のロマン艦。

されどその高性能が生んだ不遇な日々と駆け抜けた壮絶な最後とは!?






島風ってどんな船だったん?


↑島風:史実でのお姿。すごくはっやーい。

 

島風は当時の主流であった魚雷などを用いた水雷戦において最高の性能を求め開発された。

 

・高火力、長射程、雷跡(白い泡)を出さず発射位置がバレずらいと日本海軍の切り札『酸素魚雷』を5連で3基搭載。

・天津風↑から受け継いだ高温高圧缶(ボイラー)による高速40.9ノット(約76km/h) 陽炎型は35ノット(約65km/h)

なんとエンジン出力は20倍以上の排水量の大和型150,000馬力の半分の約75,000馬力(陽炎型は52,000馬力)

と高火力、高速を両立したスゴイ艦。

 

ちなみにソ連から来たタシュケントちゃんの方が速い(43.5ノット)が島風は航続距離とか、走波性とかも維持しての40.9ノットだから。
ってかタシュケント130,000馬力とか何?ふざけてるの(#^ω^)

島風の史実での活躍

島風は京都の舞鶴海軍工廠にて1942年7月18日に進水。

島風初陣!キスカ島の奇跡

島風は就役して早々に指名を受け任務に就く。

流石日本海軍の技術の粋を集めた新型艦(*´﹀`*)いきなり名指しでの任務なんて流石。

 

ところが島風の初陣は敵艦隊の殲滅ではなく、

味方の救出作戦だった。


黄:アッツ島 赤:キスカ島 青:真珠湾 緑:ミッドウェー島

日本はミッドウェー海戦に先立ち陽動として北太平洋アリューシャン列島に侵攻。アッツ島、キスカ島などの島に守備隊を配置した。

 

しかし、ミッドウェー海戦に敗北し米軍が勢いを盛り返すとアリューシャン列島でのアメリカの反撃が始まる。

アメリカ軍は前線のキスカ島でなく後方のアッツ島を攻撃。これによりキスカ島の守備隊6,000名は補給を受けられず孤立してしまった。

 

更にこの時日本は南方のソロモン諸島での戦いで兵力を損耗しており、救出のために大部隊を派遣することも難しい状態だった。

 

救出部隊の指揮を執る


木村昌福(きむら まさとみ)提督はレーダーを装備した新型艦として島風の配属を希望。

自慢の快足でも火力でもないが、それだけ島風は各種装備も充実していたのである。

 

救出作戦は濃霧を利用し行われ、様々な偶然も重なり、

・作戦前日に米艦隊はレーダーの誤作動で何もいないところを攻撃してしまい補給の為、米艦隊は全て帰港していた。
・米潜水艦に見つかるも米艦隊に偽装していたため攻撃を受けなかった。


↑救助にも使われた大発(大発動艇)写真はニューギニア戦線のもの。

わずか55分で全守備隊の救助に成功。木村提督はキスカ島の奇跡と呼ばれる無血撤退を成功させた。

 

この救助作戦で島風は魚雷攻撃を行うがレーダーに映ってたのは岩でした。

 

ちなみに救助作戦は潜水艦で失敗し、水上部隊での救助も1回目はキスカ島直前で霧が晴れてしまい中止している。

この時、ここまで来たんだからキスカ島に向かうべしと言う部下に対し木村提督は、

「帰ろう、帰ればまた来られるから」

と諫めた。

 

艦これにおいても大破進軍しないように木村提督の言葉をもう一度胸に刻もう。

島風一人ぼっちの理由

北方での奇跡的な救助作戦に加わった島風、次はようやく敵艦隊との戦いか!と思いきや、

……島風にとって不本意な輸送作戦ばかりの日々が始まる。

と言うのも、

(;-_-)キミ足速いんだけど周りに合わせてくんね?

通常軍艦は1隻で行動することは少なく↑のように艦隊を組む。

――アレ?主力艦隊でも島風快足出せなくね?(;¬д¬)

 

更に……水雷戦?今の世の中、航空戦よ!

と時代も駆逐艦が魚雷を撃つどころか、戦艦が撃ち合うこともない。飛行機による超遠距離戦闘の航空戦が主要に。

開発当初のコンセプトの『水雷戦で最強の駆逐艦』も水雷戦自体が起きず活躍の場が無くなっていた。

 

それに戦況もドンドン悪化。

島風:レハ ゚ヮ゚ノねーねー私の妹はー?島風型は16隻姉妹の計画なんでしょー。

軍部:( ゚Д゚)ハァ?戦況わかってる?今必要なのは、


艦隊の空を守る防空の秋月型。

とにかく数が足んないから、簡略構造で短期量産可能な、


松型駆逐艦ダロ! ↑は松型4番艦桃。

 

日本が新たに建造する駆逐艦は時代の流れに合った対空特化の秋月型、生産性が高く頭数をそろえられる松型(全32隻)が選ばれ、

時代にそぐわない島風型は島風のみで生産を終えるとこなってしまった。

 

同型艦がいないことも前線に出られない事に繋がった。

島風:レハ ゚ヮ゚ノ戦いになれば、速力合わせなくてもいいから島風も活躍できるよ。

軍部:(´^`;)そうなんだけど、姉妹いない+最新鋭。な君ってオンリーの部品が結構有るんだよね。故障されても直すのに時間かかるから壊れて欲しくないんだよ。

 

コレ才能が飼い殺しされる一番辛いパターンや!
((((;゚Д゚)))))))

 

提督の君。

艦これでは島風寂しくないように特別ナ配慮ヲ頼ム(-人-)

レイテ島オルモック湾・島風、駆け抜けた最後

実力を生かせない日々を過ごしていた島風だが、そうも言ってられない事態が発生した。

レイテ沖海戦である。

艦これで言うところ17年秋と↑が出てきた18年冬イベの元ネタ。

この戦いで島風は大和、武蔵、長門ら栗田艦隊に配属されるが、活躍の機会は訪れなかった。

 

レイテ沖海戦は日本の壊滅的敗北となり、フィリピン陥落は時間の問題となった。

 

日本はレイテ沖海戦前から行っていたフィリピンへの増援物資の輸送作戦(多号作戦)を続行し、少しでもフィリピンで時間を稼ぐことで東南アジアの資源を可能な限り本土へ輸送することになった。

 

しかしそれは、

日本海軍を完膚なきまで叩きのめした米主力艦隊がひしめくフィリピンへ、低速な輸送艦を守りながら突入すると言う無謀極まることだった。

島風はレイテ沖海戦で轟沈した能代↑に代り第二水雷戦隊旗艦に就任し、

再びフィリピン、レイテ島に向かった。


赤:オルモック湾 青:レイテ島

 

1944年11月11日08:30 神は慈悲を恵まれなかった。

レイテ島オルモック湾へ向かう中レーダーが米航空機の大部隊を捉えた。

 

その数約350機。

 

日本陸軍の航空隊が救援に駆けつけるが1/10にすら満たぬ僅か30機。

駆逐艦が煙幕を張るものの輸送艦は全滅、護衛部隊にも攻撃が移るが、

 

――島風は健在だった。自慢の快足によって爆撃雷撃をことごとく躱し続けた。

狭い湾内と言う悪条件の中、早々に魚雷を破棄し誘爆を防ぎ各乗組員の卓越した操艦が投下された爆弾も魚雷も寄せ付けなかった。

 

そう、爆弾と魚雷は躱した。だが……機銃は躱せない。

島風に行われた機銃掃射はあまりの苛烈さのため、救援に駆け付けた艦が接近を断念する程のものだった。

さらに命中せずとも至近弾の衝撃も島風を傷つけ、艦隊司令官や艦長など島風に乗っていた大半が死傷した。


↑オルモック湾での島風。至近弾により艦首が歪に変形している。

 

そして島風に最後の時が訪れる。

それは爆弾でも、魚雷でもなく島風内部から起こった。

 

あまりも長時間の高速航行を続けた為に機関部が耐えきれず爆発。

限界を超えてなお、走りに走り心臓が張り裂けた最後だった。

 

島風が行ったレイテ島オルモック湾への輸送、第三次多号作戦は、
・輸送艦4隻
・護衛:島風、朝霜、長波、浜波、若月(秋月型6番艦未実装)、掃海艇(機雷除去する船)1隻

の10隻が参加し朝霜以外の9隻が沈んだ。

 

散々ネタキャラと思っててゴメン。島風頑張ったんだな頑張り過ぎたんだな(´;ω;`)ウッ…

主人公機?ロマン溢れる島風!?

艦これでは当初からマスコット役に抜擢されてきた島風。

しかし、上から読んで貰ったら思わないか?

 

コイツ主人公属性持ってるだ(○ω○;)

だって島風の設定って……

主人公機に相応しいハイスペック

・最速最高の駆逐艦としてコスト度外視での設計建造。

・高速化の為、天津風で研究していた高温高圧缶の技術を受け継ぐ。

・速度だけでなく火力もレーダーも何にもかも最先端技術の塊。

・壮絶な最後。

欠点だって主役機っぽい!?

・ずば抜けた高速故にチームプレイが苦手。

・姉妹艦無しでオリジナル部品もあり整備大変。

・時代の変化によって本来の力を発揮できなかった史実。

 

性能求めすぎて集団行動取れない特別機。ロボット系アニメの主人公機の設定だよねぇ。
b(〃´∪`〃)

まとめ

大和型と共にロマン大好き日本海軍の花形。

時代の流れ次第では活躍できただろうに……。唯一遅かったのが登場時期ってのが最大の悲劇だよなぁ(T_T )

ちなみに島風以前の日本最速の船も初代島風↑40.7ノット。

 

道理で艦これでもプッシュされた訳だよ。

艦これ運営さん、改二期待してますゾ(*´ω`*)

今回はここまで、

ご閲覧ありがとうござます。

蒼焔の艦隊

蒼焔の艦隊

Liberent無料posted withアプリーチ

-元ネタ紹介, 艦これ
-, ,

Copyright© むらさき照明弾 , 2018 All Rights Reserved.